共用サーバーの特徴について

自社でサーバーを直接運用するのではなく、他のインターネット接続業者などが提供しているものを借り受ける場合には、共用と専用のふたつの種類があることを覚えておかなければなりません。



専用のほうは、文字通りに自社のコンテンツを一台のサーバーだけに格納するというもので、これは業者からのレンタルであったとしても、自社で直接運用する場合とほぼ同様に利用できるものです。
いっぽう、共用のほうは、他のユーザーと同じものをいっしょになって利用するという形態のことを指しており、レンタルの場合はどちらかといえば共用のほうが一般的であるといえます。



こうした共用サーバーの特徴ですが、レンタルであればきわめて安価に借り受けることができるということが挙げられ、これが一般に普及している要因にもなっているといえます。



また、ふだんのメンテナンスや緊急時の対応についても、サービスを提供している業者のほうが一元的に扱っていますので、ユーザーサイドとしては特段の手間がいらないということも挙げられるところです。

そのいっぽうで、一部のユーザーの利用の方法が適切でない場合には、他のユーザーにも影響を与えかねないというデメリットもあります。

たとえば、特定のユーザーが開設しているホームページへのアクセス量がきわめて大量であった場合には、サーバーそのものの動作が不安定になってきますので、他のユーザーのホームページのほうも、つながりにくくなってしまうことがあるのです。