サーバーが持つ役割とは

日常生活の中で当たり前に、パソコン等のIT機器を使用するようになりましたが、その仕組みについては漠然とした理解しか持っていない人が多いのが現状ではないでしょうか。


特に、サーバーはネット生活を送る中で、大きな役割を果たしています。

ネット上では、Webサイトにアクセスする時や動画再生をする時、現実の中ではATMなどを利用する時に使われています。
一言でサーバーといっても様々な種類と機能を持っていますが、共通している点はあるシステムを利用してサービスを提供する役割を持っているということです。基本的にネットワークを経由してサービスを提供することになります。



例えばATMの場合、取引を開始するとATM側からサーバーへ残高照会が行われます。

すると口座残高が確認され、その情報がATM側に返されます。
その後、お金を出し入れする場合もサーバーとのやり取りを通して情報の通信が行われます。

一般的なパソコンを使用して、サーバーのように使用することは可能ですが、24時間情報を高速で処理するためにはかなり高いスペックのパソコンが必要です。



その意味では、高性能なパソコンと言い換えることができるかもしれません。
システムがダウンしてしまうと、多くの人に影響を与えることになるので、サービスを提供する側はユーザーの数や必要な処理性能を良く考える必要があります。



たくさんの役割を持たせて費用を抑えることも可能ですが、もし壊れた場合はリスクが高くなります。